FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

今年の収穫
satumaimo今年のサツマイモはこのように大量に収穫できました。
残念なのが、どのくらいの大きさだったのか・・・ということを写真で映すのを忘れました。
だいたい長いのは30cmくらいのサツマイモの長さです。

そして、今日のお天気は晴れていましたが、前日雨でしたので、落ち葉が濡れて、焼き芋はできませんでした。
そこで「焼き芋」は来週の開館日に延期となりました。

さて・・・来週はこのサツマイモのお味は楽しめるのでしょうか・・・




***編集後記***
サツマイモ・・・美味しいですよね。
最近は都会の公園ではキャッチボールはおろか、
子供の声がうるさいとおしゃべりをすることすら「禁止」なんだそうです。

国民がわがままになってきていて、ちょっとした我慢もできなくなり、
権利や主張ばかりを声高に言う人が多くなって気がします。
もし公園で「焼き芋」なんてやったら消防車が何台もサイレンを鳴らして
やってくるかもしれません。

サツマイモはヒルガオ科サツマイモ属の植物です。
別名、甘藷(かんしょ)、唐芋(からいも、とういも)、琉球藷(りゅうきゅういも)ともいいます。
仲間にはアサガオやヨウサイがあります。

サツマイモの特徴として、約60℃程度で長時間加熱すると、
デンプンを糖化する酵素が働いて甘味が増します。
石焼き芋やふかし芋はこの性質により甘味を最大限引き出す調理法なのです。

芋堀をテーマとする絵本
『ねずみのいもほり』 I
『さつまのおいも』
『おおきなおおきなおいも』
スポンサーサイト



自然 | 19:53:42 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する