FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

いのちをみつめるワークショップ in 当別こども図書館
子どもゆめ基金助成金活動の体験活動部門のイベントが7月11日に終りました。

絵本写真家の小寺氏によるスライドショーを見た後、
「さあ、自然の美しさを探してごらん。そしてそれをどうやったら『最高に美しく』みせることができるかを考えて写真を撮るようにするんだよ」とアドバイスがありました。

さらに、「キミたちは一人ひとりがアーティストだよ。アーティストは人の真似をしないんだからね」という言葉に背中を押されてみんな図書館の前の庭に出て行きました。

17 39

子どもたちの真剣なポーズを見てください。
彼らのこの素晴らしい前向きな気持ちが伝わってきます。

31写真家小寺氏と何かを見つけたようです。






60撮った写真をプリントして、絵本をつくります。






73さあ、みんな集合~!!世界でたった一つの絵本で~す。





40 36
自然のいのちに感動して、ついワタシもパチリ!


身近な自然の中にこんな美しく力強い生命力があったことに感動しました。
子どもたちもお家に帰って、きっと親御さんたちに褒められたことでしょう。
それが成長の糧になるのですね。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

新聞カット
















平成21年7月14日付 北海道新聞の
石狩当別版に記事が載りました。

(読むときは、新聞画像をダブルクリックしてください。)

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/





=編集後記=

「自然は美しい」
小説・映画で有名になった「ダヴィンチ・コード」の中で、
ひまわりの種の並び方が実に美しく、そしてそれが見事に
あの有名な数式(フィボナッチ数列)であらわされるとありました。

この数式は、隣り合った数を足すと、その隣の数になるという法則です。
ひまわりの渦の数は、右回りと左回りがこの数列の隣り合う数になっている事が多いだそうです。
また、松ぼっくりやパイナップルのかさも同様な並びになっているのです。

また、木の枝の伸び方もフィボナッチ数列で明快に説明できるのです。
木の枝の伸び方は、一般に次のルールで枝分かれすると考えられています。

ルール1:枝は成長期に2 つに分かれる。
ルール2:枝が2 つに分かれるときに栄養は均等に配分されずに,栄養の多いほう,少ないほうとかたよりがある。栄養の多いほうの枝は次の成長期に2 つに分かれることができ,栄養の少ないほうの枝は次の次の成長期に2 つに分かれることができる。

この2つのルールにのっとって,枝分かれの様子を再現して数を数えると、成長期における枝の本数はフィボナッチ数列になっているのです。

さらに、人間が美しいと感じるいわゆる「黄金比」
1:(1+√5)/2
約 1:1.618
たとえば、
○ピラミッド:ピラミッドの側面にある三角形の高さと底辺の半分の長さの比
○パルテノン神殿:この神殿を正面から見ると縦横の比
○ミロのヴィーナス:均整のとれたプロポーションのこの彫像は,身体の様々な部分が黄金比
頭のてっぺんからおへそまでの長さと、おへそからつま先までの長さの比

これも、ある意味でフィボナッチ数列であると考えられているのです。

美しい自然界をよく観察し、それを「何か法則は無いだろうか?」と考える好奇心や探究心は、
「なぜなぜ星人」の子供のような心が必要なのかも知れません。

今日の夕日は、とても綺麗な茜色です。
あすはきっといい天気でしょう。 
スポンサーサイト



| 17:15:45 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する