FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

詩・言葉・絵
平成21年度の「子どもゆめ基金の読書活動テーマ」は前回もお知らせしたように、「言葉を味わう読書」ですが、これがなかなか私たちにとっても、子どもたちにとっても取り組みが簡単ではありません。

幸い、「絵」が好きな子どもが多いので、その詩を読んで感じたイメージで「絵」を描いてもらおう、ということになりました。
もちろん、朗読も続けたいと思っています。



5955月13日に第1回の「おはなし会」とその「詩をイメージして絵を描く」というポスターを小学校に貼りました。





592色鉛筆も36色・水彩色鉛筆も30色とそろえて、白画用紙も30枚用意しました。
           

子どもたちがどんな世界を描いてくれるか、とても楽しみです。



お知らせ: 4月29日、5月6日の水曜日は祝日ですので、
当別こども図書館はお休みです。





==編集後記==

皆さんは何歳ころからの記憶がありますか?
私は、母に連れられて、「三時のあなた」を見に行った記憶があります。
たぶん三歳位だったらしいです。
その帰りに、カステラやさんに寄って、今で言う「訳あり」のカステラを買ってもらってその美味しかったこと。
その夜に母かお婆ちゃんに読んでもらった『ちびくろサンボ』の虎がバターになる話だったと記憶しています。
父は、たまに読んでくれてもだんだん面倒くさくなり、どんどんスピードが速くなっていくか、「続きはまた明日」と言ってすぐにやめたがりましたね。

さて、英国精神医学研究所は,ロンドン中心部の5歳と6歳の子ども100人以上を対象に10週間にわたる調査を元に、親に次のように指示したそうです。

座って子どもと一緒に本を読む前に・・・
*携帯電話の電源を切ること,
*読み始める前に物語のあらましを話すこと,
*すぐにページをめくらずゆっくり絵を見ること、

その結果を新聞のタイムズ紙はこう書いて言います。
「計画的に行なわれる,シンプルかつ子どもに注意を集中した子育てが,ごく幼い時から振る舞いを改善する点で極めて効果的と言えることがはっきり証明された」と。

研究主任のスティーブン・スコット博士によると、
「子どもたちが本当に必要としているのは,
注意を払ってもらうことである。
親と共に本を読むことによりその必要が満たされる」

タイムズ紙は、
「親が定期的に一緒に本を読んでやれば,
けんかをしたり,盗んだり,うそをついたりする、
手に負えない子どもの乱暴な行動を大幅に減らせる
と、伝えています。

つまり、社会的モラルを幼い頃に刻み付けるさせるためには、
読み聞かせはたいへん効果的なのだそうです。



スポンサーサイト



未分類 | 11:13:52 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する