FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

新学期にお勧めしたい絵本
こすすめのぼうけん
新学期にお勧めしたい絵本として、
『こすずめのぼうけん』
ルース・エインズワース作 石井桃子訳
 堀内誠一画・福音館書店)がよく選ばれます。


このお話は巣立ちを迎えたこすずめが主人公です。
初めて落ちずに飛ぶことができた経験が嬉しくて、その勢いにおされ、「ぼく、これなら一人で世界中をみてこられる!」と思い、巣から遠くへと飛び立ちます。そのうちに、羽が痛くなり、頭も痛くなり、どこか羽を休ませる巣を探すことになります。そして、同じ鳥でもその鳥の習性によって一緒の巣には居られないという社会勉強をこすずめはします。もちろん、最後にはお母さんスズメと再会して、こすずめはお母さんの暖かい翼の下で眠るのです。

典型的な昔話形式で作られた創作絵本ですが、とてもよくできた作品だと思います。特に、こすずめの「何でもできるかも!」という気持ちと「世の中の仕組み」を勉強するという経験が新一年生の子どもたちの気持ちと寄り添っているところが多いのではないかと思います。きっと「自分のことのように」聞いてくれると思います。そして何よりも、最後には優しいお母さんに出会えて、安心してお話が終るのです。

訳者は石井桃子氏。最近、101歳で亡くなられましたが、彼女の児童文学への真摯な活動は今も生きています。絵は堀内誠一氏。1ページずつ丁寧な絵がお話の世界を一段と膨らませてくれます。このお話を5月から1・2年生のクラスで「語り」としてすることにしました。今、猛練習中です。
スポンサーサイト





| 18:36:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する