FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

新学期
約1ヶ月間、小学校の春休みをはさんで、当別こども図書館は休館していました。
今日は新学期初めての開館日でした。1つ進級して子どもたちはグッと成長して顔を見せてくれました。

577雪が溶けて、春がやってきました。図書館のテーマコーナーも「春」として、春にちなんだ絵本や本を集めてみました。





579早速子どもたちは本を借りていきます。一時は20人くらいの子どもたちでごった返しました。私たちの顔を見に来るだけの子どもたちもいます。それも嬉しいものです。



580工作の本棚の前で、「これにしようかしら」「あっちがいいかしら・・」と女の子二人で相談でしょうか・・・




Nくんとの「エルマーのぼうけん」シリーズの読書も再開。今日は1日で105ページまですすみました。もう少しで終わりなのに、時間になってしまって、来週は3冊目までいけるでしょうか。ちなみに、2冊目の題名は『エルマーとりゅう』、3冊目は『エルマーと16ぴきのりゅう』となります。Nくんは目下(2冊目の本の中のカナリヤ島で流行っている)「しりたがり病」にかかってしまいました!






<編集後記>
♪ピッカピッカの一年生♪
コガモの親子のように、街中で大きなランドセルに(最近のランドセルはカラフルな物が多いですねえ)黄色の交通安全の布を被せて歩く姿をみかけるシーズンですね。

「しりたがり病」の病は大人になってもずーっと、持ち続けて欲しいです。
ノーベル賞を取るような偉い学者さんたちは、みんな重症な「知りたがり病」ですよね。


国際児童図書評議会ニューデリー大会に出席する予定だった、
皇后美智子さんがNHK教育テレビで話されたものを本にしたものがあります。

タイトルは、「子供の本を通しての平和-子共時代の読書の思い出-」

少しだけ紹介します。

本の中で人生の悲しみを知ることは、
人生に幾ばくかの厚みを加え、
他者への思いを深めますが、
本の中で、過去現在の作家の創作の喜びに触れることは、
読む者に生きる喜びを与え、
失意の時に生きようとする希望を取り戻させ、
再び飛翔する翼をととのえさせます。
悲しみの多いこの世を子供が生き続けるためには
悲しみに耐える心が養われると共に、
喜びを敏感に感じるとる心、
又、喜びに向かって延びようとする心が養われることが
大切だと思います。

そして最後にもう一つ、
本への感謝をこめてつけ加えます。
読書は、人生の全てが、決して単純でないことを教えてくれました。
私たちは、複雑さに耐えて生きていかなければならないということ。
人と人との関係においても。
国と国との関係においても

スポンサーサイト



日記 | 11:20:17 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する