FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

うわ~! 大入り満員!
今日はお天気があまり良くなくて、時折風のある雪降りでした。もちろん、積雪も久しぶりに多くて雪をかき分けて来館した子どもたちもいました。(半分くらい遊びながらくるのですが)

来館者は40人弱。大変な大入り満員でてんてこ舞いをしました。
前回の1月28日から助っ人でリツコさんが来てくれて大助かり。子どもたちも「お姉さん」と親しんでくれています。これからも宜しくお願いいたします。

459いつも子どもたちは窓辺にカバン・ジャンパー・帽子・マフラー・手袋・耳カバー(正式名はわかりません)・着てきた上着・オーバーズボン・・・ときには靴下・・・・etc・・ etc・・・・を置きます。(少し落ち着いたときの様子)

前回ご紹介したNくんとの『エルマーのぼうけん』の読み聞かせ経過:
今日で1冊目を終えました。とっても楽しいお話で、ついつい読んでいるうちにおしまいまで読んでしまいました。あと2冊です。



<編集後記>
毎週月曜日20時よりNHKで「鶴瓶の家族に乾杯」という番組が放映されてます。
先週・今週は岩手県の遠野市からの放送でした。

語り部という女性が民話を実に間合良く、古の世界に引き込んでいきます。
その語り部さんも素晴らしかったのですが、
小学生の子供たちが見事にその民話を覚えていて、
哀愁漂うリズムで見事に語っているのにびっくりしました。

最後に「どんとはれ」というのですが、
どうやら、この意味は、「めでたしめでたし」なのでしょうか?
とても、遠野に行ってみたくなりました。
スポンサーサイト



日記 | 20:56:01 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する