FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

読書は孤独です 
字を読めるようになると、もちろん、子どもは一人で読書をします。読書というのは極めて個人的な行動であり、孤独な行為だと思います。

442どの子も周りの騒音は気にしていません。すっかり本の世界に入っているからです。その様子を見て、周りの空気を壊したくない、否 けがしたくない・・・といつも思います。





444この男の子たちは、来館してすぐに3冊づつ本を借りて、その後30分くらい外で遊びました。そして、雪を一杯つけて、館内に入ってきて40分くらい勉強して帰りました。こんな過ごし方も文庫の役割なのでしょうね。

447月曜日からまた3学期の「語り」をはじめています。『おししのくびはなぜあかい』(『おそばのくきはなぜあかい』より石井桃子文・初山滋絵・岩波書店)というお話です。1年生から各クラスごとに朝の読書の時間10分をいただいて語らせてもらっています。1年生は反応が素直で、決してみんなが前を向いて聞いているわけではありませんが、後を向いていても、下を向いていても徐々に興味を持って聞いてくれています。
利口な小さなおサルが大きなおししを負かすところは子どもにとって気持ちの良いものです。また、おししが大きな声で吼えるところも(決して私は大声をあげるわけではありませんが)どの子もおサルと一緒に大きな声で震えるように聞いています。最後におサルがピンチになる時は「耳をふさげば?」とか「耳栓したら?」とか心配して教えてくれる子どももいます。
語りは絵本を読まないで、子どもたちの顔を見ながらお話をします。そうすると、どんなふうに子どもたちがこの語りを楽しんでくれているかが直接分かります。さらに、その反応がお話をもっと深いものにしてくれます。語りの最後に、このお話の出典の本を紹介すると、「今度読もう!」と言ってくれる子どもがいます。これはもっと嬉しいことです!



<編集後記>
先日、新聞のコラムで最近は図書カードを
本の見開きに差す事がなくなってきていると
書いてありました。

理由は「個人情報保護法」に抵触するから。
どの人がどのような本をいつ借りたかが分かるのが
困るそうで、大人なら趣味嗜好が分かるのでなんとなく
わからないこともないのですが、ちょっと調べましたら、
子どもの学級図書館でもそのような傾向にあるそうです。

個人情報が悪用されることはもちろん良くないことですが、
編者が子供の頃、こんなに読んでいるよと隠れ自慢気に
手当たり次第に自分の名前が書かれたカードが
増えることが一種の喜びだった編者は、
何でもかんでも個人情報で隔離されていく社会は、
なんだかなあと思う、今日この頃であります。
スポンサーサイト



読み聞かせ | 04:18:23 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する