FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

3学期が始まりました(^-^)/

昨年は「当別こども図書館」のブログにおつきあいいただき、ありがとうございました。
今年も宜しくお願いいたします。

子どもたちの3学期も始まり(1月15日から)、今日が今年初めての開館日でした。
12月に貸し出している子どもたちの人数から数えると40人を下らない来館者があってもいいはずですが、今日の来館者は30人弱でした。


当館は児童会館ではありませんが、最近は当館がその役割を担っているような?・・・気がします。放課後、子どもたちは館内で宿題をしたり、折り紙をしたり、おしゃべりをしたり、または前庭で遊んだり、という使い方をしています。ある時は、カバンを置いて、近所に遊びに行ってしまうこともあるのです。では、来館したついでに本も借りていくかというと 残念ながらそうでもありません。ただ、そうなるような「きっかけ作り」はこちらで心がけたいと思います。
私たちは子どもたちに「動と静」を子ども時代にしっかり体験してほしいから「遊び」も「読書」も大切にしてあげたいと思っています。
 
435子どもたちはランドセルを館内に預け、雪が積もったままの前庭で転げまわって遊びます。もちろん50cmくらいの積雪ですから、ズボッと足がはまるのですが、それが楽しくて楽しくて雪だらけになって遊んでいます。

436 sono23年生の子どもたちは「女子」も「男子」も全然気にしません。一緒にこんなふうにして遊ぶのですよ。館内に入るときはホウキで頭から靴の先まで体中の雪をほろってやります。これも私たちの仕事です。

 
437久しぶりにFちゃんが来館して、今日は静かに本を読んでいました。今、読んでいるのは『エルマーのぼうけん』です。このお話の中にでてくる「16匹のリュウ」はこのブログでもご紹介した、館内を飾っているあのリュウたちです。そして、この本のシリーズを読んだ子どもには「お楽しみ」として「エルマーのシール」をプレゼントすることになっているのです。枚数限定なので狙っている子は結構多いのです。さて、Fちゃんもその一人になるのでしょうか・・・

440それぞれ思い思いの本や絵本を広げて、自分の読書を楽しみます。常連のTくんは今日は珍しく厚い読み物の本を手にとってページをめくっていました。借りては行かなかったけど、でもいつかこんな本を借りていってくれると嬉しいです。

あの子もこの子も今日は来なかったな・・・・風邪は引いていないだろうか、元気に学校へは行っているのだろうか・・・などと案じています。
インフルエンザが流行っています。どうぞ、皆さまも風邪を引かないようにお過ごしください。



≪編集後記≫あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

図書館
今日図書館にお邪魔してきました。
ああ、昔懐かしいこの古民家の匂い。
一気にタイムスリップして、編者がお爺ちゃんの家で
沢山の本を読んでもらった頃を思い出しました。

偉人の伝記シリーズや、見覚えのある本がいっぱい
授業中、机の下でむさぼり読んだミステリー・・・

この図書館で過ごした時間が一生涯、
子供たちの思い出になると良いなと
思いました。


スポンサーサイト



日記 | 01:29:31 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する