FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

当別こども図書館も冬休み
当別小学校は22日が2学期の最後の日です。
そこで、当別こども図書館も今日からしばらく休館(冬休み)にします。

413今日はお天気がよく、雪がベタベタになってしまいました。そこでその雪で「ゆきだるま」を作ってみました。形は歪ですが、子どもたちを玄関前でお出迎えです。



415館内が騒々しくなったので、『ねえ、どれがいい?』(ジョン・バーニンガムさく 評論社)の本を本棚から引っ張り出して、近くに居るAくんに読み始めました。そうしたら、そばにいたHくんも騒いでいたMちゃんもKちゃんも・・・周りに居る子どもたちがそれぞれ絵本をのぞき始めました。


424「どれなら 食べられる? くもの シチュー、 かたつむりの おだんご、 虫の おかゆ、へびのジュース。」







さあ、あなたなら どれなら 食べられますか。 子どもたちは始めは「カタツムリがいいな」、「ヘビでもジュースだから飲めるかな・・・」、とか口々に言っていましたが、そのうちに「やっぱり気持ち悪い~!」という結果になりました。


425「おとうさんが 学校で おどっちゃうのと、」








421「おかあさんが きっ茶店で どなるのと、 どっちが いや?」








子どもたちは即座に「お父さんが学校でおどっちゃうのは嫌だ!」と言い出しました。「じゃあ、お母さんがお店でどなっていたら恥ずかしくない?」って聞くと、「友だちがいないから いいんだ」という答え。そうか・・・教室の中での「お友だちの目」が気になるのね。

この絵本は2場面から4場面の選択肢から選ぶようになっています。「どれがいい?」と聞かれると、どういう訳か「どれかを答えなければ」という衝動にかられます。そして、その理由を口々に言い合って、楽しみます。
この絵本は年齢を問わない絵本です。子どもから大人まで楽しめます。ただし、大人だったらどれも「嫌だわ」って言うのでしょうが、子どもたちは必ず「選ぶ」のです。そこが楽しいのです。

当別こども図書館は 2009年、1月21日(水)1時から始まります。
今年も子どもたちと一緒にいっぱい絵本や詩や昔話や畑を楽しみました。
風邪が流行ってきたようです。皆さまもお体に充分お気をつけて新年をお迎えください。
スポンサーサイト





日記 | 21:57:28 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する