FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

静かな、しずかなひととき
昨日は小学校の「集団下校訓練」で、子どもたちが一斉に帰宅したので、パラパラとしか来館しませんでした。

最近来館する常連のRくん。最近の子どもにしてはとても言葉遣いが丁寧で、挨拶もしっかりして、私たちスタッフを感心させてくれる男の子がいます。

たまたま筆者が家の仕事で図書館へ行くのが3時過ぎだったのですが(もちろん他のスタッフが常駐)、その時にRくんが来ていました。「おじゃましていました。今日は静かで、なんだかノンビリできますね」と声をかけてくれました。そうなんです。
静かな館内の中で、お友だちのTくんが本のページをめくる音、そして貸し出しカードに鉛筆を滑らせる音、時折外から聞こえる風の音、・・・とゆっくりと聞こえる「時の流れ」をみんなで心地よく感じて過ごしました。

118
クリスマスにバラが欲しいとは思いません。

5月の花祭りに雪を望まないのと同じです。
 
           ウィリアム・シェークスピア
            『恋の骨折り損』より






当別も雪が降りました。これから寒い毎日が続きます。冬は冬らしく過ごしましょう。でも風邪だけは引かないように気をつけましょう。



Postscript:

Every man who knows how to read
has it in his power to magnify himself,
to multiply the ways in which he exists,
to make his life full,
significant and interesting.

Aldous Huxley



訳:
読書の方法を知っている人はすべて、
自分自身を拡大し、
存在できる道を増やし、
人生を有意義で、面白く、
最大限に活かす力を持っている。
      
         「オルダス・ハクスレー」
スポンサーサイト



日記 | 21:45:31 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する