FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

道新ボランティア奨励賞 受賞
10月19日(日)、苫小牧市民会館にて、「第32回道新ボランティア奨励賞」の授賞式があり、それに出席して、立派な盾をいただいてきました。

378贈呈式のなかで、選考委員長が講評を述べたとき、「今回の受賞した団体はどの団体も素晴らしい活動をしているのは事実ですが、「町に公共の図書館がないために地域の本の場として、長年家庭文庫を続けている」という福祉分野とは違ったボランティア団体もありました」と当別こども図書館のことを紹介くださいました。その言葉の重みに、感慨深いものがありました。

369さて、22日の開館日で来館した子どもたちと一緒にこの盾を持って写しましょう、と考えていたのですが。来る26日の「学芸発表会」の練習のため、珍しく時間差で子どもたちはパラパラと来館。なかなか皆一斉に集まられなかったので、居る子どもたちとスタッフで写しました。この子どもたちが来てくれるから私たちは続けて来られたのだと思います。

可能性を秘めた子どもたちの未来に乾杯!(ジュースでjumee☆cheers2Ljumee☆cheers2R
私たちスタッフの美貌と健康にも乾杯!(こちらはシャンパンで!)
ミモザ
スポンサーサイト





日記 | 18:43:26 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する