FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

この絵本が子どもの大切な一冊になるかも・・・
昨日、書店で本を探していました。

もちろん、児童書専門の書店です。

そこに、おばあちゃまらしき女性とその娘が、2人で子どもの本を探していました。

「最近、この『〇〇〇〇〇〇〇』の本を読んでいるの。すぐ読めるし、時間があれば何度も読んでいるのよ」とその母親が話していました。

「あら!いいじゃない、絵も可愛いし、そんなに何度も読んでくれるなら。私が買ってあげるわ。
シリーズだから、次に買うときに続きを買えばいいわね。何せ、字さえ読んでくれるんだったら、それで良いのよ、最高よ!」とおばあちゃまが孫を褒めていました。

また、私の隣でおじいちゃまが『はらべこあおむし』を手にとって見ていました。そこにおばあちゃまが「それは大きすぎるから、駄目。〇〇ちゃん(きっと娘さんの名前でしょう)の家は狭いんだから、そんな大きい絵本は置けないわよ」と言って、小さいA6版くらいの絵本を無造作に手に取りました。もちろん、中身は見ないで、大きさだけを頼りにして・・・いくつの子どもに手渡すのかな・・?

子どもは同じ絵本・本を何度も手に取るものです。
もし、「字を読めば・・・」だったら、新聞紙や広告でもいいわけ?

また、絵本の大きさは本当にいろいろあります。
それをキレイに並べるなんて、それは無理ですし、大きさがいろいろあるから、楽しいのです!
そう言っても、本棚に入らない絵本はめったにありません。

時々、ある図書館・図書室では小さい絵本は「幼い子用」と錯覚して、恋の内容が書かれている絵本も「子どもが初めて出会う絵本」のコーナーにおいていたりします。
それから、ただただ、大きさだけを重視して、大きさ順に並べている図書室もあるのですよ。

子ども時代になぜ「絵本」があるのでしょう?

それを改めて考えさせられた皆さんの「言葉」でした。

いずれにしても、この選ばれた本たちが子どもたちの「読書へのきっかけ」になってくれれば、と願っています。
はらぺこあおむしはらぺこあおむし
(1989/02)
エリック=カールもり ひさし

商品詳細を見る
スポンサーサイト





| 00:21:59 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する