FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

第1回 おはなしの会
width="160"「第1回 おはなしの会」が始まりました

これは子どもゆめ基金助成金活動の1つです。札幌で20年以上も語りを子どもたちに届けている平野さんをお迎えして、今年もはじまりました。
6月なので、雨や川や水に関するお話を集めてみました。初めてお話を聞く子どもも多くて、40分くらいのお話、大丈夫かしら…と心配しましたが、どの子もしっかり語り手を見つめて聞いてくれました。



子供2『アリョ―ヌシカとイワーヌシカ』というロシアのお話には歌がでてきます。語り手が歌いだすと、高学年の子ども達はソワソワとして落ち着きません。これはどうしてだと思いますか?それは心の中で恥ずかしいという意識が芽生えるからだそうです。それを大人は「引く」というのですが…。この感覚分かりますか?これも回を重ねると一緒に歌いだすくらいに、リラックスできる心になるのです。でも、幼い子ほど、そんな気恥ずかしさはなく、全身でお話を受け止め、目の前にはしっかりとお話の世界が広がっていました。
これからも「お話」のファンが広がると嬉しいです。

スポンサーサイト





読み聞かせ | 17:25:35 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する