FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

静かな読書
最近の文庫は、本を返しに来たり、借りに来る子どもたちでもちろん一杯なのですが、
時には「お絵かき」や「折り紙」または「宿題」をしたりして帰る子どもも多くいます。

読書風景1
その中で、今日は珍しく男の子たちの
読書姿が目に入りました。

この男の子二人は1年生。
二人はクラスが違うけれど、住んでいる地域が同じなので仲良しなのでしょう。

時には一人で絵本を読み、

読書風景2
時には一冊の絵本を読みあったり。

騒がしい文庫の中で、自分の居場所を見つけて、
そこでじっくり絵本の世界を楽しむ・・・
そんな時間を子ども時代にもてるのは、
何てシアワセなのだろう!…と思いました。



読書風景3
また、もう一人の男の子は2年生。
一度読み始めたら、特別に大きな声で呼びかけなければ人の声が聞こえなくなるくらいに集中力がある子です。
いつもお母さんが迎えに来て、「Hくん、もういい加減にして本を置きなさい」と言われるまで、読んでいます。
その内に、文庫の本を全部読んでしまうのではないかしら…と楽しみです。



まだまだこの三人は低学年ですから、これから外での活動が中心になって違う経験もすることでしょう。その時に、この文庫での読書が楽しいひと時であったと思い出してくれるように願っています。

そして先月、亡くなった石井桃子さんが開設していた「かつら文庫」で育った「かつての子どもだった人たち」が「子ども時代の読書は自分の人生に大きく影響した」と口々に話されていたことを思い出しました。

絵本や本に向き合う時間は「自分と本との時間」です。
「仲間といること」とは違って読書は孤独な行為です。

でも、このひと時がとても充実した時となると信じます。

最近のサイトでの中傷誹謗をする子ども(大人も同様ですが)のニュースを聞くたびに、
こんな時間をもっと多くの子どもたちに持ってもらいたいとつくづく思いました。



一口メモ:

本はともだち:「かつら文庫」が50周年

児童文学者の石井桃子さんが東京・荻窪の自宅の一室に児童書をそろえて開いた「かつら文庫」が3月1日、誕生50周年を迎える。
「東京子ども図書館」は、同文庫に通ったかつての子どもたち、阿川尚之、佐和子さん兄妹らが思い出を語り、松岡享子・同図書館理事長が全国の「文庫」の果たした役割や今後の展望を話す「記念の集い」の報告書の発行を予定している。
報告書の申し込みは同図書館(電話03・3565・7711)へ。

「かつら文庫」は1958年、石井さんが51歳になる少し前に開いた。
初期の記録は「子どもの図書館」(岩波新書)にまとめられ、各地の文庫に大きな影響を与えながら、半世紀を石井さんとともに歩んでいる。
---毎日新聞より---
子どもの図書館 (1965年) (岩波新書)子どもの図書館 (1965年) (岩波新書)
(1965)
石井 桃子

商品詳細を見る
スポンサーサイト



日記 | 12:31:54 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する