FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

エ~ッ!絵本の読み聞かせじゃないの?!
先週、2年生の3クラスに「語り」に行ってきました。

元気な男の子は私が現れると、「今日は絵本の読み語り?」と言って、自分のイスをお尻にくっつけて前まで移動してきました。
「今日は残念ながら絵本はないの。お話を語ろうと思います」と言うと、
「エ~ッ!絵本がないの!なんだ!つまんないの、そんなんじゃ面白くないや」と拒否反応。

私自身、戸惑いながら(不安になりながら)「あるところに一羽のこすずめがいました。」とお話を始めました。

すると・・・その男の子はジーッと私の顔を見つめ、こすずめが羽をパタパタと飛び立ったときは、一緒に手を動かし、次に巣に座っている鳥を当てようとしたりするのです。他の子どもたちもこすずめと一緒にあちこちの巣を飛んでいる気分になっているのです。机の上で手を動かしていた子どもたちも私の顔を見て、口が半開き・・・

2年生の子どもたちは「お話の予想」をすることができるのですねぇ。
どの子もすっかりお話の世界に入ってきてくれたようです。
語り手の私も存分に楽しめた時間でした。
スポンサーサイト





読み聞かせ | 23:20:54 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する