FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

同志君
いつまでも暑い当別です。みなさんのところはいかがですか?

さて、今日は当別中学校1年生のI君が壁新聞を作るのに当館へインタビューに訪れました。

私はきっと「当館の成り立ちとか蔵書数とかを聞かれるのかな…」と勝手に思いこんでいました。でも…違ったのです。

「僕は当別に公共図書館がほしいと思いました。こども図書館と公共図書館の違いは何ですか?」
「ここには司書資格を持った人がいるのですか?」
「当別町も石狩市のように”市”になったら、公共図書館ができるのですか?」
「ここに1日どのくらいの人が来館しますか?」など・・・


(もっと実物は精悍で凛々しい少年でした。絵が下手でごめんなさいね。)

12歳か13歳の少年が今「公共図書館がほしい」と主張してくれることが嬉しく思いました。
さて、記事にはどのように書いてくれるのでしょうか。

私も図書館がほしい町民の一人です。まずは”図書館がほしいね”と願う町民を一人でも多く集めることが一番。そして、みんなで”自分の図書館の未来像”を語れるように仲間を増やしたいな、と思いました。
彼の「思い」を大切にしたい。そして、年齢を問わず、それぞれの”my図書館”像を思う存分語りたい。そうしたら、世界に誇れる”私たちの図書館”が当別で始められると思いますよ。
そう願いましょう、同志君!





スポンサーサイト



日記 | 00:21:20 | Comments(0)
学校の勉強がいざなう・・・
今日の5年生の授業で「秋刀魚は1秒間に〇〇m泳ぐんだって!」と子どもたちは自信満々で教えてくれます。

そう言えば…当別こども図書館にもこんな本がありますよ!
P1010498.jpg

『どうぶつなんでも世界一』(アネット・ティゾン&タラス・ティラ―作・絵、佐藤見果夢訳、評論社)

この本を開いて、またまた新発見をします。

P1010495.jpg

すっかり二人は夢中になって、「なんでも世界一」に感心していました。


未分類 | 22:32:55 | Comments(0)