FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
こわ~いはなし
1年生のY君が「おばさん、こわ~い話の本はないの?」と聞いてきました。
最近の小学生はとにかく、「怖い話」か「泣ける話」に興味があるようです。

そこで…
『ゆうれいフェルピンの話』(A・リンドグレーン/さく、イロン・ヴィークランド/絵、石井登志子/訳、岩波書店)の絵本を差出しました。

すると、Y君は「どんなことが書いてあるかだいたい話してよ」と催促するのです。
私は「絵本だから、読んであげるよ」と、読み始めました。

怖そうな絵が書かれているページを何度もめくって、「ここから読んで」というのですが、私は「それでは怖さがなくなるから」と言って、始めからゆっくり読みました。

Y君、始めはぬいぐるみを側にありったけ集め、私と向かい合って聞いていました。
そのうち、私の足にすっかりすり寄ってきました。
そして、私の手を握り始めました。
さらに、怖いページではぬいぐるみでゆうれいに小さな抵抗をするのです。

ここで映像(彼の表情)をお見せできないのが残念です。

帰りにトイレに寄ったYくんは「戸を開けておいて!」と…男性スタッフに見守られながら用を足し、お姉ちゃんと帰りました。

これからは当分「こわ~い話」を催促しないと思います。


スポンサーサイト
未分類 | 22:46:53 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。