FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
みんなちがって、みんないい
小学校での”語り”が始まりました。

今年は“ウサギ年”なので、語りのお話は“うさぎのいえ”(内田莉莎子・再話、丸木俊・画)ロシアの昔話です。2年生が終わり、来週は1年生へお邪魔します。

さて、語りは素話です。つまり語り手が覚えた物語を子どもたちの顔を見ながら話すのです。その間、子どもたちは想像力を使って、自分で物語を描いていくのです。
ですから、「白いウサギ」と言っても、子どもたち一人ひとりの頭の中にはそれぞれのウサギが動いているわけです。

私は語り終わると、必ずその語った絵本や本を紹介します。そうすると、子どもたちは「あれ?私のウサギって…」「ボクの想っていたキツネって…」と口々に言うのですが、「みんな違うことが大事なことなのよね」と私は言います。

これは当別こども図書館に『うさぎのいえ』の絵本をゆっくり見に来た子どもたちです。

P1000686.jpg


当別こども図書館の裏庭に“エゾエンゴサク”の一群が咲き乱れています。


P1000685.jpg


スポンサーサイト
読み聞かせ | 22:30:08 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。