FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
懐かしいお客さま
今日の来館者の1番乗りは、懐かしいお客さまでした。
2年生になった女の子、まだハイハイしている1歳未満の男の子とお母さん。

「ここは随分長く図書館をしていますよね。もうどのくらいになりますか」
「来年で25年になるんですよ」
「私、子どもの頃来ていたんです!」
「まあ、そうですか?! もしかして・・・お名前は?」
「私 S・Mと言います」

私は早速「旧個人カード」のある棚へ行って、探しました。

「ああ・・この『ピーターラビットのおはなし』を借りてくれたMさん?」
「ハイ、そうです。私です」と懐かしそうにそのカードを眺めていました。

小学生のときに来てくれた女の子が、お母さんになって自分の二人の子どもを連れて、図書館へやってきてくれました。
なんて嬉しいのでしょうか!
・・・と同時に時間の流れをつくづく感じた今日でした。



スポンサーサイト
未分類 | 18:51:01 | Comments(0)
新学期
3月11日、東日本大震災の被害に遭われましたみなさまには心よりお見舞い申し上げます。

さて、当別こども図書館も4月13日より活動を始めました。

P1000668.jpg

館内はもうサクラが咲いています。
子どもたちと一緒に切り絵でサクラの花をかたどって、飾りました。

P1000667.jpg


いつものKちゃんが来館して、絵本を広げて楽しんでいます。
被災者の子どもたちもこのように一日も早く絵本を楽しんでくれることを願っています。


日記 | 00:11:32 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。