FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
寒い1日でした
どうしてこんなに寒いのでしょう…雨が降って、風が冷たくて…

そんな中、新しいお客様が来館しました。
「本が好きで、当別にこんなところがあって良かった!」と引っ越してきたばかりのお母さんと4歳の女の子でした。本当に嬉しいことです。

さて、今日はチョッピリ多くの子どもたちがやってきました。ゆっくり本を選んでいく子どもたち、絵を描いてノンビリするのが好きな子どもたち、本を選んだらサッサと借りていく子どもたち、「オバサン、肩もんであげる」と言って、サービスしてくれる子どもたち。みんなから「元気」をもらえる時間です。

ありがとう


100421_1435~01

100421_1436~01


スポンサーサイト
日記 | 00:18:22 | Comments(0)
冬に逆戻り
昨日から低気圧のせいで、こちらは大荒れのお天気でした。

そこで、少しずつ雪がとけていたのに、こども図書館の周りはまた雪景色に逆戻りしました。

RIMG0275.jpg

さて、周りの雪解けした地面には、非常識な人が捨てていったゴミが一杯ありました。
缶コーヒー、栄養ドリング、生活洗剤、お弁当のプラスチック容器、缶詰・・・
毎年、雪が解けるとそのゴミがお目見えします。嬉しくないもう一つの春景色です。

ところで、今日は来館者も大変少なかったのですが、その分子どもたちはタップリお喋りに楽しんでいました。
おかげさまで、オバサンも一緒に楽しみました。



日記 | 20:45:45 | Comments(0)
新学期
当別こども図書館も今日から新学期を迎え、始りました。

子どもたちの来館は少なかったのですが、その中でいつもはあまり話す機会がないAちゃんとゆっくりおしゃべりができました。

妹さんが1年生に入ったこと。朝、一緒に登校する様子。二人姉妹の微妙な成長の違い…といろいろゆっくり話すことができました。そんなときに、自分の子どもがこの年齢の時はこんなことを感じていたのかなあ、とか自分のときは妹や弟に対してどんな思いがあっただろうか、と遠い昔に思いを馳せたり…貴重なひと時を持ちました。

毎日、毎日が「始めてのこと」の多い新1年生。
小学校・中学校・高等学校・大学そして社会人。
これから大きな夢を抱いて、人との出会いを大切に過ごしてほしいものです。

図書館のテーマの棚は「はじめての…」という絵本を並べてみました


RIMG0277.jpg


ご案内 | 23:38:03 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。