FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
テレビ取材
この日、当別こども図書館は2度目のテレビ取材を受けました。
1度目はもう5年くらい前になります。その時は、もっとゆったりした中での撮影でした。
今回は「肖像権」のこともからむので、子どもたちに周知しておきましたら、大変大変、大勢の子どもたちが来館してくれました。


73

どんな取材風景だったかというと、こんなでした。
子どもたちが「詩」を読んで、それからイメージする「絵」を描いているところです。

これは10月~11月の「読書キャンペーン」のイベントで、「言葉を味わう読書へ IN 当別こども図書館 Part Ⅱ」の活動の一つです。今日は11月最終日だったので、今までに絵を描いてくれた子どもたちの発表をしました。そして、それを聞いていた子どもたちの中で自分も「詩を読んで絵を描いてみたい」という子どもたちに描いてもらいました。

RIMG0075.jpg

みんなそれぞれに「詩」の本を持ってきて、それからイメージする絵を自由に描いていました。
RIMG0071.jpg

当館に初めて来館した子どもたちも大勢いました。子どもたちは一人ひとり自分で見つけた本を借りていってくれました。

この取材がきっかけで当別こども図書館が「楽しい本の場」だと発見してくれたら嬉しいです。

放送予定 : 12月5日(土) 午前7時30分~ 「北海道ぶらり見てある記~当別町~」で放送します。



スポンサーサイト
日記 | 09:48:40 | Comments(0)
わらべうた
毎月第2・4金曜日に“親子わらべうた遊び”をしています。お母さんと子どもたちが向き合って、目と目を見つめ、手や足に触れながら、ときには簡単な布を使いながら遊びます。

わらべうた 1

じ~じ~ばあ~ ♪ ママのお顔とニッコリ 

わらべうた 2

上から 下から おおかぜ こ~い、こい、こい、こい ♪ 風の好きな子どもたち

わらべうた 3

最後はママのお膝で“こもりうた” うつら・・・~うつら・・・~

ご案内 | 22:09:34 | Comments(0)
授賞式 
11月6日、当別町教育委員会にて、「優良読書グループ北海道表彰」という賞をいただきました。
翌日の北海道新聞の「石狩版」にもその様子は掲載されていたので、ご存知の方もおありでしょうが、これは北海道読書推進運動協議会というところで選考しているそうです。


054副賞は1万円の図書カードです!

これで7冊くらいの絵本か本が買えます。

22年間の文庫活動が評価されたのでしょう。


どこからも資金援助がない当別こども図書館としてその運営には多くの課題を残しています。
もちろん、スタッフは無報酬のボランティアですし、どうしてもかかる必要経費として、水道光熱費・灯油代・除雪費・トイレの汲み取り費・・・は決してただではない経費が結構かかるのですよねえ。
何事もゼロからできるものはないのです・・・
ましてや、より良い活動をしたいと思えば思うほど経費がかさんでしまうのが現実なのです。
唯一、子どもたちの笑顔だけが私たちの支えなのです。

せっかくの受賞なのに、ちょっと愚痴を書いてしまいましたが、今までよくやってきた自分たちを褒めてあげたいと思っています。





続きを読む >>
未分類 | 18:30:09 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。