FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
焼き芋パーティー
昨日28日の開館日は
落ち葉で焼きいもが、無事できました。

代表のほりえさんがお留守だったので
スタッフ4人で、せっせと落ち葉焚き。


2時半くらいになると、子どもたちが集まってきます。
「こんなふうに焼き芋食べるの、初めて!」という子もいて、
「そうだよね~、焚き火なんて、最近はしないものね」
なんて、スタッフでも話しながら、みんなで火を囲んでいました。


yakiimo2 焼きすぎたりもしたけど、子どもたちは、みんな「美味しい!」って
食べてました。

「ほりえさん、いないの~?」と子どもたちは、ちょっとさびしそうだったけど、

落ち葉を運んだり、
火をみつめたり、

小春日和の午後、
お芋を食べながら、子どもも大人も
ワイワイと楽しいひとときでした。
よかったよかった!
(スタッフ・ウエダ記)




スポンサーサイト
日記 | 13:08:01 | Comments(0)
今年の収穫
satumaimo今年のサツマイモはこのように大量に収穫できました。
残念なのが、どのくらいの大きさだったのか・・・ということを写真で映すのを忘れました。
だいたい長いのは30cmくらいのサツマイモの長さです。

そして、今日のお天気は晴れていましたが、前日雨でしたので、落ち葉が濡れて、焼き芋はできませんでした。
そこで「焼き芋」は来週の開館日に延期となりました。

さて・・・来週はこのサツマイモのお味は楽しめるのでしょうか・・・



続きを読む >>
自然 | 19:53:42 | Comments(0)
今日は開館休館
またまた小学校は全校閉鎖!

インフルエンザの流行により、もちろん罹患した子どももそうでない子どももお家でゆっくりお休み。

それでも、当別こども図書館は開けました

もしかして、元気な赤ちゃんが来るかもしれませんし、懐かしいお姉さんが突然、オバサンの顔を見に来るかもしれません。

すると・・・
「お休みしているかな・・・?」と確かめに5年生のK君がお忍びで来ましたし、お家では「もう退屈で、退屈で・・・」と初めて来館したHさん親子も来てくれました。

焼き芋パーティーは来週したいと思います。ただし、お天気によりますので、あまり期待しないでくださいね。


どうぞ、みなさんお大事にね!

日記 | 22:17:40 | Comments(0)
あかちゃんも来館
当別こども図書館にはこうしたあかちゃんも来館します。
もちろん、お母さんと一緒ですよ。

0040お気に入りの「おしゃもじ」を手に、Kクン
           
そして、他の小学生のお姉ちゃんたちと一緒に遊んで帰りました。




2学期が始まってから、インフルエンザの流行により、学級閉鎖や学校閉鎖で子どもたちの来館数も少なくなっています。また、18日に小学校の学芸発表会なので、その練習で忙しいのでしょう。

そろそろ焼き芋もしなければ・・・・と思っています。
みなさん!お天気の良い日に前庭で焼き芋をしますから、お楽しみにね。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記 | 16:29:54 | Comments(0)
読書キャンペーン
当館では「読書キャンペーン」と称して、10月・11月は子どもたちに何とか絵本や本を手に取ってもらいたくて、工夫した企画をたてています。

今年は「言葉を味わう読書へ in 当別こども図書館 Part Ⅱ」がテーマなので、
やはりそれに沿って企画しました。

dokusho2


詩の本を読んで、それからイメージする絵を描きます。

そしてこの期間中は、お楽しみがあります。
詩の本を借りてくれた子どもには***を
それが**枚たまると ちょっと多めの特別***を
また 絵を書いてくれて詩を書いた子には、
あとで・・・お楽しみがあるかもしれません。

いっぱい詩を読んで、楽しんでくれますように・・・


テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

ご案内 | 21:37:16 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。