FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
こども図書館フェスティバル
やっと明日からは夏休み。24日(金)は子どもたちが終業式で、お昼で帰宅してからのイベントでした。
昨年は館内に入りきれないくらいの子どもたちで賑わったのですが、今年は残念ながら少数でした。
しばらく子どもたちの集まりを待っていたのですが、多くの子どもたちが図書館の前を横切って「プール」へ走っていきます。

1時20分から平野さんの「おはなし」です。夏にまつわる「おはなし」や「パネルシアター」をしてもらいました。
30分くらいのおはなしの後はかれんちゃんが詩の朗読を披露してくれました。詩といっしょに今回は詩からイメージした絵も描きました。

103そして、「おさるがふねをかきました」(まど・みちお作、国土社)の詩を朗読して、それに合わせた絵もみんなで描いて見ました。




『おさるが ふねを かきました』

ふねでも かいてみましょうと
おさるが ふねを かきました

けむりを もこもこ はかそうと
えんとつ いっぽん たてました

なんだか すこし さみしいと
しっぽも いっぽん つけました

ほんとに じょうずに かけたなと
さかだち いっかい やりました


その後は夏休みに楽しんでもらいたい工作・折り紙の本や読み物を紹介しました。

85布施さんが昨年に続いて「わらべうた」を教えてくれました。ジャンケンの遊び、鬼ごっこの遊びを教えてくれます。2年生・3年生・4年生の子どもたちが縦の関係で遊ぶ体験はなかなかないものです。


95外での遊びに疲れ、館内では「竹あそび」をしました。少しずつ難しくなると、益々張り切ってしまうみんなです。




子どもたちにとってもまちに待った夏休みは25日からです。
どうぞ、事故のないように過ごしてください。
そして、楽しい経験とワクワクする読書の世界を楽しんでください。

当別こども図書館は8月26日(水)までお休みです。


続きを読む >>
スポンサーサイト
ご案内 | 23:40:28 | Comments(0)
もう少しで夏休み
今日は日本中、「皆既日食」で賑わいました。皆さんは少しでもご覧になれましたか?

当別では確か曇っていたと思います。(お恥ずかしいくらい、物忘れ?それとも〇〇?・・・)


74ブックカードに自分の名前を書いて、本を借りている様子です。個人情報が叫ばれる中、当館では子どもたちに自分の名前を書いてもらいます。これには理由があるのですが、それは後日にご紹介します。


82本棚の隅っこで夏休みに読む本をじっくり吟味しているSさん。






ポスター来たる24日は「こども図書館フェスティバル」を計画しています。「おはなし」と「詩の朗読」「夏休みに楽しめる本の紹介」そして、「わらべうた」をします。どうぞ、みなさん図書館へ遊びに来てください。持ち物は「水筒・お手ふき」です。もちろん、小さな子も大きな子も昔子どもだったアナタもどうぞ!


ご案内 | 23:57:37 | Comments(0)
いのちをみつめるワークショップ in 当別こども図書館
子どもゆめ基金助成金活動の体験活動部門のイベントが7月11日に終りました。

絵本写真家の小寺氏によるスライドショーを見た後、
「さあ、自然の美しさを探してごらん。そしてそれをどうやったら『最高に美しく』みせることができるかを考えて写真を撮るようにするんだよ」とアドバイスがありました。

さらに、「キミたちは一人ひとりがアーティストだよ。アーティストは人の真似をしないんだからね」という言葉に背中を押されてみんな図書館の前の庭に出て行きました。

17 39

子どもたちの真剣なポーズを見てください。
彼らのこの素晴らしい前向きな気持ちが伝わってきます。

31写真家小寺氏と何かを見つけたようです。






60撮った写真をプリントして、絵本をつくります。






73さあ、みんな集合~!!世界でたった一つの絵本で~す。





40 36
自然のいのちに感動して、ついワタシもパチリ!


身近な自然の中にこんな美しく力強い生命力があったことに感動しました。
子どもたちもお家に帰って、きっと親御さんたちに褒められたことでしょう。
それが成長の糧になるのですね。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

新聞カット
















平成21年7月14日付 北海道新聞の
石狩当別版に記事が載りました。

(読むときは、新聞画像をダブルクリックしてください。)

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/




続きを読む >>
| 17:15:45 | Comments(0)
いろんな場所で読書を・・・
子どもたちは思い思いの場所で本を広げます。

44柱に寄りかかりながら本を「立ち読み」しているYちゃん。





45今ではカバン置き場になってしまった窓の縁側にひっそりと腰掛けて読むKくん。





読書するとき、人それぞれ、「お気に入りの場」というのがあると思いますが、皆さんはいかがですか?
当館では靴を脱いで家に入るので、どこでも座ったり、寄りかかったりできます。そんな場所が「居心地の良い」場所になるのでしょうね。

47「ワタシ、パディントンの1を読んだから、2~4まで読むの!」とMちゃん。
Mちゃんは小さいときからの常連さんで、「本の楽しさ」をよく知っている女の子の一人です。いつかイギリスのパディントン駅を訪ねるチャンスもあることでしょう。


日記 | 14:00:14 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。