FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

10月が始まりました

子どもたちは決して絵本・本を読むのが嫌いなわけではありません。
ただ、その「きっかけ」や「環境」が整っていなければ、なかなか手が出せないのではないでしょうか・・・?

324どの子も図書館へ入ってくるなり、それぞれの場所を見つけて、そこで読みふけるのです。テレビもビデオもCDもない、何もない静かな場所では、落ち着いて絵本や本の世界に入っていけるのです。




32610月の小学校からの「学校だより」にも書いてありました。「全国学力・学習状況調査から分かったことはテレビの視聴時間が長いこと」、つまりそのために学習時間が短くなることでしたが、それによって、益々読書時間も短くなるのでしょう。





325「この本が面白かったよ」「ワタシは友情のことが書かれてる本がいいの」とワイワイ言っているなか、黙々と自分の選んだ本を読んでいる子どももいるのです。


327「先ず、宿題をやってから本を探そう!」と二人は宿題帳をカバンから出します。





328仲良し二人は、

「これって さあ・・・・」と、

1冊の絵本を読み始めるのです。

学年は違うのですよ。



今日は小雨の中、気温も低くなり、ストーブを点けました。これから寒くなる一方ですが、子どもたちの心の中は少しずつ落ち着く季節となりました。秋の夜長に読書で心も満たされると良いですね。さあ、私たち大人も多いに読書を楽しみましょう!



スポンサーサイト



日記 | 23:19:52 | Comments(0)