FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

ありがとう、という感謝の心を込めて・・・
今年、初めて図書館で試みた「畑」の作物はピークの収穫時期になりました。お陰さまで、本当に子どもたちも私たちスタッフも楽しみました。

収穫これらをスタッフと味わったり、「間接的」に当別こども図書館を支えてくださっている方々に差し上げたり・・・・と、普段の感謝を込めて、それぞれに配りました。



子どもたちはスタッフのことは知っているけれど、この図書館は他に大勢の影の人たちの支えがあります。例えば、友の会費を納入してくれているFさん・Tさん、建物の中で不具合ができたときに修理に来てくれるFさん、Cさん、畑を耕してくれたОさん、畑の苗や種の植え方、雑草の草取り、図書館の庭の草取り、木々の管理をしてくれるYさんご夫婦、図書館の照明器具を付け直してくれたJさんご夫婦、このブログをアップしてくれるОさん、この建物を提供してくれている私の弟夫婦、子どもたちのすることを温かく見守ってくれている緑町のご近所のみなさん、そしてこのブログを読んでくれているみなさん、本当にみなさまありがとうございます。これからも、子どもたちが楽しく図書館でひとときを過ごせますように、どうぞ支えてくださいませ。



スポンサーサイト



自然 | 22:25:37 | Comments(0)