FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
やっと涼しくなって・・・・
寒いくらいの開館日でした。


293皆、上着を着て肌寒い館内で、それぞれ思い思いの「居場所」を見つけて、絵本に見入っていました。カメラを向けても誰も振り返らず、子どもたちは夢中で絵本の世界に浸っていました。



294人間が文字を発見したときから、「情報」というものは限りなく拡がったのだと思います。自分の周りでは体験できないモノゴトを本の世界で体験したり、学んだり、感動したり・・・その文字・言葉を通してどれだけ「人」は賢くなったことでしょう。

295絵本の場合は、作家が自分の表現したいことを真摯に考え、言葉にします。さらに、画家がそれらの言葉を理解しやすいように絵に表現するのです。子どもには短い(?)子ども時代を充分に楽しんでほしいものです。それによって、彼らの未来が「自由で楽しく、力強い賢い」ものに発展してくれることを願います。




スポンサーサイト
日記 | 22:24:28 | Comments(0)
枝豆の収穫
今日は枝豆の収穫をしました。6月に枝豆を蒔いて、実がたっぷり入りました。

子どもたちが来館する前に、前庭に枝豆の茎を切っておきました。そして、袋を用意しておいて、自分たちで豆だけをとってもらう、という作業をしました。


RIMG0291.jpg子どもたちは袋に自分の食べる分、家族の食べる分・・・と思い思いに詰めていました。EちゃんとYちゃんは友だちが枝に残した豆を見つけて、「もったいないねぇ・・・」と言いながら、その後からつんでいました。

RIMG0287.jpg「どんな豆がおいしそう?」と言いながら、楽しそうに詰めていました。





RIMG0284.jpgそんな中で、ジーッと絵本に見入るHくん






RIMG0285.jpg「お姉ちゃん、ワタシ、これを借りる!」I ちゃん。「うん・・・ワタシはこれ!」とAちゃんの姉妹





RIMG0289.jpg「ボクたち久しぶりに借りていきます。」というのは、Kくんとその友だち。






少し読書へ心が向いてきたようで、嬉しいです。


自然 | 02:52:19 | Comments(0)
ありがとう、という感謝の心を込めて・・・
今年、初めて図書館で試みた「畑」の作物はピークの収穫時期になりました。お陰さまで、本当に子どもたちも私たちスタッフも楽しみました。

収穫これらをスタッフと味わったり、「間接的」に当別こども図書館を支えてくださっている方々に差し上げたり・・・・と、普段の感謝を込めて、それぞれに配りました。



子どもたちはスタッフのことは知っているけれど、この図書館は他に大勢の影の人たちの支えがあります。例えば、友の会費を納入してくれているFさん・Tさん、建物の中で不具合ができたときに修理に来てくれるFさん、Cさん、畑を耕してくれたОさん、畑の苗や種の植え方、雑草の草取り、図書館の庭の草取り、木々の管理をしてくれるYさんご夫婦、図書館の照明器具を付け直してくれたJさんご夫婦、このブログをアップしてくれるОさん、この建物を提供してくれている私の弟夫婦、子どもたちのすることを温かく見守ってくれている緑町のご近所のみなさん、そしてこのブログを読んでくれているみなさん、本当にみなさまありがとうございます。これからも、子どもたちが楽しく図書館でひとときを過ごせますように、どうぞ支えてくださいませ。



自然 | 22:25:37 | Comments(0)
クリームスイカが甘くできました!
先週の開館日にもスイカを振舞いましたが、残念ながら空はドシャ降りで、おまけに味はイマイチだったようです。スイカの収穫時期は「開花して35日目」だそうで、7月28日に受粉しましたから、予定ではバッチリだったのですが・・・・

249そこで今日は汚名挽回です。
中身はクリームスイカでした。(苗を買ったとき、どっちだったか忘れてしまって)包丁を入れると、ザクッと割れて、水分が滴り落ちてきました。お陰さまで晴天で暑かったせいか、甘い水分の多いスイカは子どもたちに大人気でした。


252「シャキシャキして、美味しい!食べるのに夢中なんだから、話しかけないで~!」






255 ハイ ポ~ズ!3時のオヤツに真っ赤なトマトも!外で食べるスイカやトマトは格別に美味しい!






先々週にトウモロコシをもいで、持たせましたが、それも美味しかったと子どもたちのお母さんから嬉しい知らせがありました。残念ながら、トウモロコシはそんなに豊作ではなかったので、私たちはまだ口にしていません。でも、1本くらいはこの2,3日で手に入るでしょう。楽しみです。

夏休み明けから毎週開館日、読書に食欲に、図書館のひと時を楽しんでくれる、子どもたちの「おいしい顔」を見るのが、私もスタッフも大変嬉しいのです。



自然 | 21:35:09 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。