FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

こども図書館フェスティバル

116 23日(水)は1学期の最終開館日でした。
この日は「言葉を味わう読書へin当別こども図書館」(子どもゆめ基金助成金活動)の企画で「詩の朗読・暗唱(言葉を味わう)」「語り(言葉を耳から聴く)」「わらべうた(言葉のリズムを楽しむ)」そして、工作(ストローで簡単にできる竹とんぼ)をして楽しみました。




朝の天気予報、「午後も雨」という予報もはずれ、暑くもなく寒くもなく丁度良いお天気でした。

「詩」の朗読や暗唱では、5人の子どもたちが堂々と発表してくれました。
どの子どもたちの詩の暗唱も今日の日の「主役」になりました。
私はそばに居たのに、子どもたちより緊張しすぎて、写真を撮るのをウッカリ忘れてしまいました。

93この次は平野さんの「語り」。
始めは『のはらうた』から〔かまきりりゅうじ〕が詠う「おれはかまきり」という詩でした。
語りは「ついでにぺロリ」「じいさまときつね」「おしょうさんとこぞうさんの話 2話」「元気な仕立て屋」。


子どもたちは平野さんの語りでついついお話の世界へと引き込まれていきます。

96 さあ、お待ちかねの「ティータイム」です。
いつもは館内では飲んだり食べたりできないのですが、水筒のお茶と私たちスタッフが作ってきた250枚のクッキーをサービス。みんな喜んで、あっと言う間に完食!

 



98 その後は、ストローで竹とんぼ作り。簡単ですが、左利きと右利き用に羽にちょっとした工夫が必要です。これは工作の得意なスタッフが引き受けてくれました。完成後は思い思いに竹とんぼをフワフワと飛ばして楽しんでいました。


 

 




最後に1年生から6年生まで一緒にわらべうたで遊びました。
いつも幼児のわらべうた遊びでお世話になっている布施さんに小学生向けのわらべうたを教えてもらいました。
子どもたちは普段は決して一緒に遊ばない各学年の友だちと手を繋ぐグループ作りをして遊んだり、鬼ごっこをしたり、昔から伝わる「竹返し」をしたりして1時間ばかりを楽しみました。


104 布施さんからルールを教えてもらっているところ

 

 

 





109 ネコ役がネズミ役を捕まえる鬼ごっこ

 

 







111 ”糸やのおばさ~ん!すっかり糸が絡まったよ~、痛いよ~早く解いて~!”



 

 

 


113 糸やのおばさん役のピンクのTシャツの女の子は”ここからアッチに廻って・・・??”








114 「竹返し」・・・結構空中で竹を捕まえるのは難しいのです。できるかな・・・?





 


子どもたちは1時から4時までの3時間はたっぷりと「言葉」をいろいろな角度から楽しんだことと思います。中小屋地区から来ていた子どもたちはお母さんやおばあちゃんが交代で送り迎えしてくれました。嬉しい地域力だと思います。

そして、24日から小学校は夏休み。当別こども図書館も夏休みです。
8月20日まで、このブログもお休みにします。

皆さま、これからの暑い中、ご自愛くださいませ。

尚、わらべうた遊び(0歳~4歳)は8月8日、22日にもしています。
どうぞ、興味のある方はおいでください。

 





続きを読む >>
スポンサーサイト



日記 | 20:37:23 | Comments(0)