FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

みんなの心に届いたかな・・・おはなしの世界が・・・

今日でやっと小学校の1年生から6年生までの19学級への「おはなし」が終りました。

1・2年生は『こすずめのぼうけん』 ルース・エインワース作 福音館書店 でした。
3・4・5・6年生は『アナンシと五』 『子どもに聞かせる世界の民話』より 矢崎源九郎編 実業之日本社

1・2年生のおはなしの時間の様子は以前載せました。

では、その後の「アナンシと五」のおはなしは・・・・

こども世界の民話〈上〉こども世界の民話〈上〉
(1995/11)
内田 莉莎子山内 清子

商品詳細を見る

「アナンシと五」はジャマイカ島の昔話です。
ずるがしこいアナンシの近くに「五」という名前の魔女が住んでいました。
その「五」は自分の名前が大嫌いでしたが、皆は「五」と呼ぶので、いつも腹を立てていました。
ある日、五は庭で魔法の草と杖を使ってこんなことを呪いました。
「五といったものは、その場で死んでしまえ。その場で息が耐えてしまえ。」と
それを悪いアナンシは聞いてしまったのです。 
そして・・・・気のいいアヒル・ウサギ・ハトの奥さんをだまして・・・まんまとご馳走になろうとするのです。

「五」と言ったとたんに、「アッ!」と息を呑む子。「あ~ァ、死んじゃった・・・」と同情する子。
ハトの奥さんが数えるときには、子どもたちは最後の言葉に息を呑むやら、安堵するやら・・・
もちろん、一緒に「1 2 3 ・・・」と数えだす子もいます。
最後の「五」のときには、思わず子どもたちからため息のような、笑いのような、そんな無言のサインが伝わります。

高学年になるにつれて、もちろん顔の表情からはなかなかわかりませんが、
中には目を輝かせて身を前に乗り出して、おはなしワールドに浸っている子はわかります。
おしゃべりしていた子もしっかり語り手を見つめてくれます。
「クスッ」って笑ってくれる子もいます。はっきり笑ってくれる子もいます。
アナンシに「自業自得だ」と手厳しく批判をする子もいます。

「語り」は耳から聞いて、自分の想像力を使ってお話の世界を完成させます。
そのためには「想像する力」がとても大切になります。
普段、テレビやアニメ・絵本という映像でモノを見ている子どもたちにとっては馴染みがないかもしれませんが、
語りのお話が子どもたちの想像する世界で自由に広がってくれると嬉しいです。

「語り」はいつも朝の読書の時間10分間をいただいています。
各クラスの先生たちにはこの時間をいただいて、本当に感謝します。
そして、2学期にはどんなおはなしを届けようかな・・・とひそかに楽しみにしている私がいます。


続きを読む >>
スポンサーサイト



読み聞かせ | 14:17:01 | Comments(0)