FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

第2回 おはなしの会
晴れた今日も元気な子どもたちと一緒にお話の世界へ・・・

118 お話が始まる前の子どもたちの表情はこれからどんなお話が始まるのかな・・・?
語り手(筆者だけかも)は心臓がドキドキ・・・



今回のおはなしのテーマは「ちょっと不思議なものたちの登場」と題して

『サラダでげんき』 いろいろな動物たちとサラダを作る話。
サラダでげんき (こどものとも傑作集)サラダでげんき (こどものとも傑作集)
(2005/03)
角野 栄子長 新太

商品詳細を見る

『おなべとおさらとカーテン』 おなべとおさらとカーテンがある日家出をしようと企む話。

『あなのはなし』  赤い靴下にできた穴がその靴下を呑み込んでしまって、旅に出る話。
『都見物』  ヘビとカエルとタマゴが都見物に行って、駄洒落を言い放題の話。
『ワイリーと毛むくじゃら男』  ワイリーという男の子が毛むくじゃら男につかまるたびに知恵を働かせて逃げる話。

119 この子どもたちの笑顔が私たち語り手に元気をくれます。
                    




お知らせ! 7月23日(水) 1時から4時まで 「こども図書館フェスティバル」をします。
お話や工作やわらべうたをして楽しみます。また、子どもたちの「詩」の暗唱や朗読の発表もしたいと思います。
どうぞ、水筒にお水かお茶をもっておいでください。





スポンサーサイト



読み聞かせ | 21:41:46 | Comments(0)