FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

わらべうた

現在、毎月第2、4金曜日に当館で「親子わらべうた遊び」をしています。

これは3年前に当館で立ち上げ、生命保険協会の助成金や子どもゆめ基金の助成金活動で講師の先生を札幌から招いて月1度の活動をしてきました。
そして、昨年からはその参加者のお母さんたちの自主活動で、続いています。

RIMG0105.jpg 11ヶ月~2歳、3歳になる子どもたちが一緒にわらべうたをして遊びます。
お母さんにギュッと抱きしめてもらったり、腕の中で揺らしてもらったり、膝の上で飛び跳ねたり・・・・この時間はもちろん、お母さんと子どもたちの満面の笑みが見られます。

♪こ~ぶろ こ~ぶろ 

        どの子がかわいい、

                   この子がかわいい、ギュ~♪ 

抱きしめるわらべうたです


RIMG0108.jpgわらべうたは身近な人の声で穏やかに歌ってもらいながら、いろんなことをして遊ぶことができます。
顔遊び・手遊び・揺すってもらう遊び・体を触ってもらう遊び・子守唄・・・ その声の心地よさを感じながら、子どもはお母さんと信頼関係を結び、人間関係をも学んでいくのだと思います。

♪東京都 日本橋 がりがりやまの 

              ぱんやさんと つねこさんが 

                       かいだんのぼって こ~ちょこちょ ♪ 

くすぐり遊びです


4年前に半信半疑?でこのわらべうた遊びに参加してくださったお母さんたちも今では皆さんこのわらべうたの素晴らしさを感じてくれています。そして、子どもたちは自然に「聴く」ことを身に付け、絵本も大好きになりました!
ヤンチャな子もそうでない子も絵本の前では真剣に耳を傾けていますよ。

子ども時代はそんなに長くはありません。
そして、子どもの成長は早いものです。
乳幼児期に母親の手の中で子どもをゆったりとたっぷりの愛情で育てたいものですね。

まだ、わらべうたを体験したことのない方は、どうぞ当館へおいでください。
いつでも入会歓迎です。お待ちしています。

☆第2・4金曜日 10時~11時半まで 当別こども図書館にて 
  月500円(初回は体験参加で無料)です。
☆本の貸し出しもいたします。一人3冊まで、2週間(無料)



続きを読む >>
スポンサーサイト



読み聞かせ | 23:25:15 | Comments(0)