FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

晴れた日に!
おでかけのまえに (福音館の幼児絵本)おでかけのまえに (福音館の幼児絵本)
(1981/10)
筒井 頼子林 明子

商品詳細を見る
昨日に続いて、今日は緑組(4歳児~)と黄組(5歳児~)へ読み聞かせに行きました。

北海道はとても良い季節になってきました。家族で「おでかけ」することも多くなるでしょう。そこで、『おでかけのまえに』を読みました。

日曜日、あやこは家族でピクニックに行くことになりました。お母さんはお弁当作りに大忙し、お父さんは髭剃りをして朝の支度。待っているあやこにとっては、その時間は何かしていたい時間になります。そこで、お手伝い!と張りきって、お弁当箱にご馳走を詰めたり、お父さんのカバンの中身を整理したり、鏡に向かってキレイになったり・・・ところが、それはお手伝いにはならないあやこの行動。でも、お母さんもお父さんもガミガミ叱るのではなく、それを大きく受け止めている姿がスゴイ!(大人はここに感心します)。
聞いている子どもたちは自分の気持ちとあやこの気持ちを重ね合わせて、頷きながら、ニヤリとしながら聞いています。そして、やっと出かけることができました。本の裏表紙にはピクニックの様子まで描かれているところが丁寧で、嬉しいです。
(緑組へ)


せんたくかあちゃんせんたくかあちゃん
(1982/08)
さとう わきこ

商品詳細を見る

晴れた日に読みたい本の一冊。

洗濯の大・大・大好きなかあちゃんが家のものを何でも洗濯します。そのうちに、犬もネコもニワトリもカエルもネズミも鍋も下駄も…洗濯板とタライに入れて洗います。その絵の豪快なこと!そして、しまいにカミナリさまも洗ってしまうと…なんと!ということになります。続きは気になったら、絵本を読んでくださいね。子どもたちはその展開に「うわ~!」と喜びの声をあげます。こんなかあちゃんは最近、見ないですねぇ…。
(黄組へ)


続きを読む >>
スポンサーサイト



読み聞かせ | 21:37:08 | Comments(0)