FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

「さあ どうぞ」・・・
くだものくだもの
(1981/10)
平山 和子

商品詳細を見る
今日は西保育園の桃組(2歳児~)、赤組(3歳児~)での読み聞かせの日でした。
桃組の子どもたちには『くだもの』を読みました。
始めのページには親指と人差し指でサクランボ1房(2粒)をもった絵が描かれています。
そのピカピカ光ったサクランボに思わず手を出したくなるような緻密な絵です。
次のページは大きな大きなスイカがデーンと描かれていて、次ページにはお皿にのった、
真っ赤な果肉を見せている半月のようなスイカ。
「さあ どうぞ。」と誘います。
そうすると、子どもたちは思わず、手を差し伸べて食べる仕草をします。
両手を持ってくる子どももいます。
桃・ブドウ・梨・リンゴ…と続いて、それはそれは子どもたちは夢中になって、
その架空の果物をムシャムシャと美味しそうに食べます。
そして、最後にはお腹一杯になって「おしまい」になります。
この絵本はブックスタートのファーストブックとして配布することも多いのですが、
でも出会うのはこの時期ですね。

わたしのワンピースわたしのワンピース
(1969/12)
にしまき かやこ

商品詳細を見る

次に赤組の子どもたちには『わたしのワンピース』を読みました。
今日のようにお天気が良いと、このわたしのワンピースがとてもキレイに見えます。
うさぎさんのところに白い布が風に吹かれて落ちてきます。
そこで、「ミシン カタカタ ミシン カタカタ」とやってワンピースを作ります。
♪ラララン ロロロン♪と口ずさみながらお花畑を散歩します。
するとワンピースが花模様になるのです。「わたしににあうかしら?」と問いかけるように言うと、
子どもたちは「ウンウン似合う!」と相槌を打ってくれます。
女の子は目をま~ぁるくして、頷きます。雨が降ってきても水玉模様、
くさのみ畑に行ったらくさのみ模様…と次から次へと模様が変わって、
最後には朝、目が覚めると星模様になってまた散歩の続きです。
これを読むたびに「わたし」もこんなワンピースほしいな…と思わずにはいられません。
99%の子どもたちは「似合う!」って言ってくれるのに、一人の男の子だけは
「うぅん、似合わない!」と反抗します。
それも小さな声で。これはプチ反抗期?


スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

| 17:13:04 | Comments(0)