FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

わらべうた

現在、毎月第2、4金曜日に当館で「親子わらべうた遊び」をしています。

これは3年前に当館で立ち上げ、生命保険協会の助成金や子どもゆめ基金の助成金活動で講師の先生を札幌から招いて月1度の活動をしてきました。
そして、昨年からはその参加者のお母さんたちの自主活動で、続いています。

RIMG0105.jpg 11ヶ月~2歳、3歳になる子どもたちが一緒にわらべうたをして遊びます。
お母さんにギュッと抱きしめてもらったり、腕の中で揺らしてもらったり、膝の上で飛び跳ねたり・・・・この時間はもちろん、お母さんと子どもたちの満面の笑みが見られます。

♪こ~ぶろ こ~ぶろ 

        どの子がかわいい、

                   この子がかわいい、ギュ~♪ 

抱きしめるわらべうたです


RIMG0108.jpgわらべうたは身近な人の声で穏やかに歌ってもらいながら、いろんなことをして遊ぶことができます。
顔遊び・手遊び・揺すってもらう遊び・体を触ってもらう遊び・子守唄・・・ その声の心地よさを感じながら、子どもはお母さんと信頼関係を結び、人間関係をも学んでいくのだと思います。

♪東京都 日本橋 がりがりやまの 

              ぱんやさんと つねこさんが 

                       かいだんのぼって こ~ちょこちょ ♪ 

くすぐり遊びです


4年前に半信半疑?でこのわらべうた遊びに参加してくださったお母さんたちも今では皆さんこのわらべうたの素晴らしさを感じてくれています。そして、子どもたちは自然に「聴く」ことを身に付け、絵本も大好きになりました!
ヤンチャな子もそうでない子も絵本の前では真剣に耳を傾けていますよ。

子ども時代はそんなに長くはありません。
そして、子どもの成長は早いものです。
乳幼児期に母親の手の中で子どもをゆったりとたっぷりの愛情で育てたいものですね。

まだ、わらべうたを体験したことのない方は、どうぞ当館へおいでください。
いつでも入会歓迎です。お待ちしています。

☆第2・4金曜日 10時~11時半まで 当別こども図書館にて 
  月500円(初回は体験参加で無料)です。
☆本の貸し出しもいたします。一人3冊まで、2週間(無料)



続きを読む >>
スポンサーサイト



読み聞かせ | 23:25:15 | Comments(0)
おかえりなさ~い!
95 おかえりなさ~い!






96 2時ごろ隣の小学校から子どもたちが
ゾクゾクやってきました。
思わず「おかえりなさ~い!」と言うと、子どもたちの笑顔がそれに応えてくれ、私たちは元気をもらうのです。


97 今日も40人強の子どもたちを迎えて、大わらわ。
新しく来館した子どもたちも大勢いて、先週に引き続き大忙しでした。



99 子どもたちは思い思いのところで本を広げて読んだり、窓のところに座って友だちと遊んだり、折り紙や絵を描いたりして、たった2時間の時を過ごすのです。



102これからも子どもたちの「子ども時代」を大切にしてあげたいと思いました。


続きを読む >>
日記 | 00:36:22 | Comments(0)
この絵本が子どもの大切な一冊になるかも・・・
昨日、書店で本を探していました。

もちろん、児童書専門の書店です。

そこに、おばあちゃまらしき女性とその娘が、2人で子どもの本を探していました。

「最近、この『〇〇〇〇〇〇〇』の本を読んでいるの。すぐ読めるし、時間があれば何度も読んでいるのよ」とその母親が話していました。

「あら!いいじゃない、絵も可愛いし、そんなに何度も読んでくれるなら。私が買ってあげるわ。
シリーズだから、次に買うときに続きを買えばいいわね。何せ、字さえ読んでくれるんだったら、それで良いのよ、最高よ!」とおばあちゃまが孫を褒めていました。

また、私の隣でおじいちゃまが『はらべこあおむし』を手にとって見ていました。そこにおばあちゃまが「それは大きすぎるから、駄目。〇〇ちゃん(きっと娘さんの名前でしょう)の家は狭いんだから、そんな大きい絵本は置けないわよ」と言って、小さいA6版くらいの絵本を無造作に手に取りました。もちろん、中身は見ないで、大きさだけを頼りにして・・・いくつの子どもに手渡すのかな・・?

子どもは同じ絵本・本を何度も手に取るものです。
もし、「字を読めば・・・」だったら、新聞紙や広告でもいいわけ?

また、絵本の大きさは本当にいろいろあります。
それをキレイに並べるなんて、それは無理ですし、大きさがいろいろあるから、楽しいのです!
そう言っても、本棚に入らない絵本はめったにありません。

時々、ある図書館・図書室では小さい絵本は「幼い子用」と錯覚して、恋の内容が書かれている絵本も「子どもが初めて出会う絵本」のコーナーにおいていたりします。
それから、ただただ、大きさだけを重視して、大きさ順に並べている図書室もあるのですよ。

子ども時代になぜ「絵本」があるのでしょう?

それを改めて考えさせられた皆さんの「言葉」でした。

いずれにしても、この選ばれた本たちが子どもたちの「読書へのきっかけ」になってくれれば、と願っています。
はらぺこあおむしはらぺこあおむし
(1989/02)
エリック=カールもり ひさし

商品詳細を見る


| 00:21:59 | Comments(0)
第1回 おはなしの会
width="160"「第1回 おはなしの会」が始まりました

これは子どもゆめ基金助成金活動の1つです。札幌で20年以上も語りを子どもたちに届けている平野さんをお迎えして、今年もはじまりました。
6月なので、雨や川や水に関するお話を集めてみました。初めてお話を聞く子どもも多くて、40分くらいのお話、大丈夫かしら…と心配しましたが、どの子もしっかり語り手を見つめて聞いてくれました。



子供2『アリョ―ヌシカとイワーヌシカ』というロシアのお話には歌がでてきます。語り手が歌いだすと、高学年の子ども達はソワソワとして落ち着きません。これはどうしてだと思いますか?それは心の中で恥ずかしいという意識が芽生えるからだそうです。それを大人は「引く」というのですが…。この感覚分かりますか?これも回を重ねると一緒に歌いだすくらいに、リラックスできる心になるのです。でも、幼い子ほど、そんな気恥ずかしさはなく、全身でお話を受け止め、目の前にはしっかりとお話の世界が広がっていました。
これからも「お話」のファンが広がると嬉しいです。



読み聞かせ | 17:25:35 | Comments(0)
図書館の畑

今日の開館日には開館時間より10分も前に子どもたちがやってきました。まず、返却と貸し出し、そして新しく会員になった子には「おやくそく」を宣誓してもらい・・・とテンヤワンヤの30分。ザーッと数えて15・6人。その後も続々とやってくるのですが、その内、やってきたスタッフの一人に後は任せて、いざ畑へ。

さて、畑では子どもたちに先ず植えておいた苗と新芽の説明。スイカ・サツマイモ・落花生・大葉・玉ねぎ・ジャガイモ・ニンジン・ビタミン菜・大根サラダ・小松菜・レタス・ブロッコリーを見せて、それから今日の植えるトウキビ・枝豆・トマト・カラーピーマン・キュウリの植える準備をしました。驚いたことに、どの子も野菜の苗の種類はだいたい知っていました。雑草を取りながら土を平らにして、畝をきって、そこにトウモロコシと枝豆を植える。マルチのところに穴を掘りながら水を入れてトマト・カラーピーマン・キュウリの苗を植える。苗は全部植えることができなくて、後は私たちの仕事。
最後にKちゃんが描いてくれた「当別こども図書館の畑」の看板を立てて今日はこれでおしまい。若い力にやっとついていく私たちでした。

RIMG0056先ずは、鍬で草取りをしてしているところです。 鍬の使い方も手馴れて、上手に草を刈っています。
この列にはトウモロコシの種を蒔くつもりです。






RIMG0057

この二人はトウモロコシの種を蒔いているところです。

 








RIMG0058この二人は枝豆の豆を撒いています。棒をもって豆を撒く間隔を測っています。赤いTシャツを着ているAちゃんは虫が大の苦手、見たら「ギャ~」と泣き叫びます。でも、AちゃんはFちゃんが豆を置いたら、そこに土をかけています。土を直接触ることで、何かこの子に新しい発見があると嬉しいです。




RIMG0059これは絵の上手なKちゃんが「畑の看板」を書いてくれました。
2週間もかかって、一人で一生懸命書いていました。
とってもステキな看板になりました。

 





RIMG0060今日はトマト・キュウリ・カラーピーマンの苗とオクラの種も植えました。
子どもたちは6本くらい植えてくれましたが、その後に利用者のお母さんがトマトの苗の寄付をしてくださったので、それを私たちで植えました。夏の収穫には「食べ放題」になると・・・いいですね。



RIMG0061これは5月24日にブロッコリーとレタスの苗を植えて、ネットをかけています。
その向こうには10日に種を植えた、大根サラダと小松菜とビタミン菜の葉っぱたちです。
そろそろ間引きをしなければ・・・・






続きを読む >>
自然 | 23:38:44 | Comments(0)
晴れた日に!
おでかけのまえに (福音館の幼児絵本)おでかけのまえに (福音館の幼児絵本)
(1981/10)
筒井 頼子林 明子

商品詳細を見る
昨日に続いて、今日は緑組(4歳児~)と黄組(5歳児~)へ読み聞かせに行きました。

北海道はとても良い季節になってきました。家族で「おでかけ」することも多くなるでしょう。そこで、『おでかけのまえに』を読みました。

日曜日、あやこは家族でピクニックに行くことになりました。お母さんはお弁当作りに大忙し、お父さんは髭剃りをして朝の支度。待っているあやこにとっては、その時間は何かしていたい時間になります。そこで、お手伝い!と張りきって、お弁当箱にご馳走を詰めたり、お父さんのカバンの中身を整理したり、鏡に向かってキレイになったり・・・ところが、それはお手伝いにはならないあやこの行動。でも、お母さんもお父さんもガミガミ叱るのではなく、それを大きく受け止めている姿がスゴイ!(大人はここに感心します)。
聞いている子どもたちは自分の気持ちとあやこの気持ちを重ね合わせて、頷きながら、ニヤリとしながら聞いています。そして、やっと出かけることができました。本の裏表紙にはピクニックの様子まで描かれているところが丁寧で、嬉しいです。
(緑組へ)


せんたくかあちゃんせんたくかあちゃん
(1982/08)
さとう わきこ

商品詳細を見る

晴れた日に読みたい本の一冊。

洗濯の大・大・大好きなかあちゃんが家のものを何でも洗濯します。そのうちに、犬もネコもニワトリもカエルもネズミも鍋も下駄も…洗濯板とタライに入れて洗います。その絵の豪快なこと!そして、しまいにカミナリさまも洗ってしまうと…なんと!ということになります。続きは気になったら、絵本を読んでくださいね。子どもたちはその展開に「うわ~!」と喜びの声をあげます。こんなかあちゃんは最近、見ないですねぇ…。
(黄組へ)


続きを読む >>
読み聞かせ | 21:37:08 | Comments(0)
「さあ どうぞ」・・・
くだものくだもの
(1981/10)
平山 和子

商品詳細を見る
今日は西保育園の桃組(2歳児~)、赤組(3歳児~)での読み聞かせの日でした。
桃組の子どもたちには『くだもの』を読みました。
始めのページには親指と人差し指でサクランボ1房(2粒)をもった絵が描かれています。
そのピカピカ光ったサクランボに思わず手を出したくなるような緻密な絵です。
次のページは大きな大きなスイカがデーンと描かれていて、次ページにはお皿にのった、
真っ赤な果肉を見せている半月のようなスイカ。
「さあ どうぞ。」と誘います。
そうすると、子どもたちは思わず、手を差し伸べて食べる仕草をします。
両手を持ってくる子どももいます。
桃・ブドウ・梨・リンゴ…と続いて、それはそれは子どもたちは夢中になって、
その架空の果物をムシャムシャと美味しそうに食べます。
そして、最後にはお腹一杯になって「おしまい」になります。
この絵本はブックスタートのファーストブックとして配布することも多いのですが、
でも出会うのはこの時期ですね。

わたしのワンピースわたしのワンピース
(1969/12)
にしまき かやこ

商品詳細を見る

次に赤組の子どもたちには『わたしのワンピース』を読みました。
今日のようにお天気が良いと、このわたしのワンピースがとてもキレイに見えます。
うさぎさんのところに白い布が風に吹かれて落ちてきます。
そこで、「ミシン カタカタ ミシン カタカタ」とやってワンピースを作ります。
♪ラララン ロロロン♪と口ずさみながらお花畑を散歩します。
するとワンピースが花模様になるのです。「わたしににあうかしら?」と問いかけるように言うと、
子どもたちは「ウンウン似合う!」と相槌を打ってくれます。
女の子は目をま~ぁるくして、頷きます。雨が降ってきても水玉模様、
くさのみ畑に行ったらくさのみ模様…と次から次へと模様が変わって、
最後には朝、目が覚めると星模様になってまた散歩の続きです。
これを読むたびに「わたし」もこんなワンピースほしいな…と思わずにはいられません。
99%の子どもたちは「似合う!」って言ってくれるのに、一人の男の子だけは
「うぅん、似合わない!」と反抗します。
それも小さな声で。これはプチ反抗期?


テーマ:日記 - ジャンル:日記

| 17:13:04 | Comments(0)