FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

石井桃子さんを偲ぶ
先日、東京子ども図書館へ行ってきました。
「ストーリーテリング(語り)」の勉強と「大人のためのお話の会」でお話を聞くためです。
その館内では、先月4月2日にご逝去された石井桃子さんを偲ぶコーナーがありました。
101歳になられた石井桃子さんのお写真と4月2日以降の全国各地の新聞で報道された石井桃子さんに関する記事の展示がありました。また、館内の壁にはかつら文庫の子どもたちと本の様子を写している写真パネルが飾られていました。眺めていると50年の月日の流れを感じました。



石井桃子2 この赤いバラと白いバラの入り口は東京子ども図書館の玄関です。
ほんのりとバラの香りが私たちを心地よく迎えてくれます。
これはファージョンの作品『天国を出ていく-本の小べや2-』(岩波書店)に編集されているお話の一つ『小さいお嬢さまのバラ』からヒントを得たそうです。この赤いバラと白いバラが小さな村の子どもたちを呼び寄せるお話なのですが、そのお話をもとにバラを植えるなんて、東京子ども図書館はなんてステキなのだろう!と感心してしまいました。そして、このお話を訳したのはもちろん石井桃子さんなのです。(ちなみに、本の小べや1 は 『ムギと王さま』です)


10月には東京子ども図書館で「石井桃子さんを偲ぶ」行事をする予定だそうです。
(写真はクリックすると大きくなります)


ムギと王さま―本の小べや〈1〉 (岩波少年文庫)

ムギと王さま―本の小べや〈1〉 (岩波少年文庫)
(2001/05)
エリナー ファージョン

商品詳細を見る

天国を出ていく?本の小べや〈2〉

天国を出ていく?本の小べや〈2〉
(2001/06)
エレノア・ファージョン石井 桃子

商品詳細を見る



続きを読む >>
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記 | 12:20:51 | Trackback(0) | Comments(0)