FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

平成20年度子どもゆめ基金助成金活動始まる

詩2「平成20年度 子どもゆめ基金 助成金活動」が始まります。
今年度のメインのテーマは
「言葉を味わう読書へ in 当別こども図書館」
です。
ポスターもスタッフの一人に急いで作ってもらい、文庫内に1枚・小学校に3枚掲示しました。

今年度は「言葉・詩」を中心に子どもたちと一緒に楽しもうと思っています。
月に一度の発表の日には「詩」や「早口言葉」を朗読したり、暗唱したりしたいと思います。
そこで、21日にスタッフがそれぞれ好きな詩を選んでそれを暗唱するということになりました。

そして、いつもの「語り」は年間5回を予定しています。
子どもたちは語り手の言葉を耳にして、自分の頭の中で映像を描いてお話の世界を楽しみます。

この「耳で聴く」という行動は子どもの想像力をより確かなものにする素晴らしい力があると信じます。
とにかく、不思議な世界や美しい世界や可笑しい世界を心から楽しんでくれたら嬉しいなあ、と思います。

さらに、今年度は7月23日に「当別こども図書館フェスティバル」をします。詩の暗唱発表あり、お話の語りあり、わらべうたあり・・・
午後13時~16時まで「言葉」を感じ、味わい、楽しみたいと思います。

詳しいことは当別こども図書館のカウンターでお尋ねください。





赤毛のアン (完訳 赤毛のアンシリーズ)赤毛のアン (完訳 赤毛のアンシリーズ)
(1990/05)
掛川 恭子、ルーシー・モード・モンゴメリ 他

商品詳細を見る


『赤毛のアン』は、ご存知ですよね?
カナダの作家L・M・モンゴメリが1908年に発表した長編小説です。
何巻まで読んだことがありますか?
どの翻訳者の作品がお好きですか?
  
むかし読んだお母さんも、第一巻の「赤毛のアン」で
終わっている方も多いのではないでしょうか?
もちろん、まだ読んでいない子供たちにもお勧めな本です。

今年は出版百年ということもあり、書店で特設コーナーがありますよ。

ちなみにアン・シリーズは8巻まであり、
アンの成長とともに物語は進んでいき、
『赤毛のアン』から『アンの娘リラ』までを
アン・ブックスと呼んでいます。
そのあと二巻ほどアンの周囲の人々の物語もありますよ。

書   名       アンの年齢
赤毛のアン       11~16歳
アンの青春       16~18歳
アンの愛情       18~22歳
アンの幸福       22~25歳
アンの夢の家      25~27歳
炉辺荘のアン      34~40歳
虹の谷のアン       41歳
アンの娘リラ       49~53歳

アンとの関連が薄い短編集
アンの友達
アンをめぐる人々


スポンサーサイト



ご案内 | 00:32:01 | Trackback(0) | Comments(0)