FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本を読むということは・・・
読書とは…

身近な体験から「本」を手に取ったSくん。 
『かさぶたくん』を読んで、「やっぱり…」とため息をつく。

P1010053.jpg


書架の隅っこで本を見つけ出し、それに集中する1年生YちゃんとYくん。

P1010055.jpg
P1010054.jpg


どの子も立派な読書家ですね。


スポンサーサイト
| 22:19:52 | Comments(0)
ただいま貸出中
先月、小学校1年生、2年生のクラスに『ありこのおつかい』(いしいももこ作・なかがわそうや絵・福音館書店)を語り終えました。

嬉しいことに、それから借りていく子どもたちが多くて、ただ今も貸出中です。


41FBtCmg9AL._SL500_AA300_[1]

ある日、アリのアリコのお母さんがアリコにおつかいを頼みます。アリコはお母さんの言うことをきかないで、道草しながら歩くのです。そして、カマキリのきりおの足を引っ張ってしまったせいで、きりおに飲み込まれてしまいます。アリコは「ばか!ばか!」と言い、きりおはムクドリのむくすけに飲み込まれ、きりおは「とんちきめ!」と言い……

このお話にはちょっと乱暴な言葉が出てくるけれど、楽しい言葉のやり取りと展開が子どもたちを引き付けるのだと思います。絵はモダンな水彩画です。


| 22:09:28 | Comments(0)
言葉を味わう読書
「詩」を読んで、それをイメージした絵を描いて、発表する日でした。
2年生~5年生までの女の子たちが24日に発表してくれました。


RIMG0250.jpg

252

これらの絵のうしろには「詩」が書いてあります。たいていは『のはらうた』(工藤直子著)から選んでいます。
そして、みんなの前で発表です。

詩の言葉をイメージして絵を描くのは意外に難しいのですが、子どもたちは自由に描いていて、どの子も芸術家です。



RIMG0269.jpg



| 21:54:26 | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。