FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

クリスマス
クリスマスが近くなりました。こども図書館にどのくらいクリスマスにちなんだ絵本や本があるのか並べてみました。もちろん、時期が時期ですから借りられている本が多く、ここにお見せできない本もあります。

みなさんの思い出に残る本はあるでしょうか。


100



RIMG0101.jpg

来年は1月20日から始めます。

どうぞ、よいお年をお迎えください。



| 18:34:52 | Comments(0)
いのちをみつめるワークショップ in 当別こども図書館
子どもゆめ基金助成金活動の体験活動部門のイベントが7月11日に終りました。

絵本写真家の小寺氏によるスライドショーを見た後、
「さあ、自然の美しさを探してごらん。そしてそれをどうやったら『最高に美しく』みせることができるかを考えて写真を撮るようにするんだよ」とアドバイスがありました。

さらに、「キミたちは一人ひとりがアーティストだよ。アーティストは人の真似をしないんだからね」という言葉に背中を押されてみんな図書館の前の庭に出て行きました。

17 39

子どもたちの真剣なポーズを見てください。
彼らのこの素晴らしい前向きな気持ちが伝わってきます。

31写真家小寺氏と何かを見つけたようです。






60撮った写真をプリントして、絵本をつくります。






73さあ、みんな集合~!!世界でたった一つの絵本で~す。





40 36
自然のいのちに感動して、ついワタシもパチリ!


身近な自然の中にこんな美しく力強い生命力があったことに感動しました。
子どもたちもお家に帰って、きっと親御さんたちに褒められたことでしょう。
それが成長の糧になるのですね。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

新聞カット
















平成21年7月14日付 北海道新聞の
石狩当別版に記事が載りました。

(読むときは、新聞画像をダブルクリックしてください。)

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/




続きを読む >>
| 17:15:45 | Comments(0)
詩の言葉を味わう 
26日(水)は木曜日課ということで、3年生以上は6時間、1・2年生は5時間授業でした。
そこでポツポツ・・・と来館する子どもたちは、カウンターでオバサンとゆっくり話をする時間もありました。

その内の一人、Aくん。 「この「詩」の本の中でね、とっても面白くて気持ち悪いもの見つけちゃった!」と早速私たちに読んでくれたのです。

にほんごにこにこ









 『ウジ』

          うねり くねり
          であい もぐり
          あわて まどい
          うかび すべり

          いさみ はやり
          つたい のぼり
          おちて すくみ
          ふるえ はじき

          ・・・・・・・・・
          ・・・・・・・・・

          こえがない ?
    
 『にほんごにこにこ』 まど・みちお作、長新太絵 理論社


詩の空間に、なにやら短くてうごめいているものが書かれています。それがくねくねとうねっている様で、お互いが出会っているようで、お互いの体に潜りこもうとしているようで・・・・本当に気持ち悪い!のですが、Aくんにとってはそんな気持ち悪さが「大好物」らしいのです。

私たちの反応を見ると、今度は「かんがるー」を読んでくれました。それがまた「かんがるー」の「る-」と伸ばすところが、何とも滑稽で得意気に「るー」を自信満々に朗読するのです。「Aくんは詩人!」と私たちも太鼓判を押し、早速発表してもらうことにしました。すると、またその本を借りていって、どうやら来週のため家で声を出して練習?しているようですよ。


404カウンターの側で本を読み始める子どもたち。一杯本を広げる場所があるのにねぇ。





405Hくんは今「ネプチューン」にハマッテいるようです。そして「進化」の類の本をいろいろ探しながら、夢は尽きません。


| 18:37:34 | Comments(0)
前のページ 次のページ