FC2ブログ
 
■プロフィール

こども図書館スタッフ

Author:こども図書館スタッフ
昭和62年12月18日、公共図書館がない当別町に、子どもの本の場所として「当別こども図書館」が誕生しました。

当時の母親たちによる自主活動として、子どもの本の勉強を続けました。

そして、その中の11人の母親たちによる手作りの「当別こども図書館」が誕生したのです。

スタッフは世代交代しても当初と変わらずに、地域のお母さんたちが当別の子どもたちが本に出会える場となるために活動をしています。

子ども達は、本と出会い、楽しみ、集まり、巣立っていきます。

昨年「当別こども図書館」は20周年を迎えることができました。

建物は築100年の古い民家です。門を入るとなつかしい感じがしてきます。

そんなちいさな「こども文庫」の日々の活動をご紹介します。

      ー 利用案内 -

開館日:毎週水曜日 午後1時~4時
休館日:小学校がお休みの夏・冬・春休みと祝日

☆一人3冊まで無料貸し出します。

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■地図

マウスを使って地図を動かせます

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■ブログ内検索

同志君
いつまでも暑い当別です。みなさんのところはいかがですか?

さて、今日は当別中学校1年生のI君が壁新聞を作るのに当館へインタビューに訪れました。

私はきっと「当館の成り立ちとか蔵書数とかを聞かれるのかな…」と勝手に思いこんでいました。でも…違ったのです。

「僕は当別に公共図書館がほしいと思いました。こども図書館と公共図書館の違いは何ですか?」
「ここには司書資格を持った人がいるのですか?」
「当別町も石狩市のように”市”になったら、公共図書館ができるのですか?」
「ここに1日どのくらいの人が来館しますか?」など・・・


(もっと実物は精悍で凛々しい少年でした。絵が下手でごめんなさいね。)

12歳か13歳の少年が今「公共図書館がほしい」と主張してくれることが嬉しく思いました。
さて、記事にはどのように書いてくれるのでしょうか。

私も図書館がほしい町民の一人です。まずは”図書館がほしいね”と願う町民を一人でも多く集めることが一番。そして、みんなで”自分の図書館の未来像”を語れるように仲間を増やしたいな、と思いました。
彼の「思い」を大切にしたい。そして、年齢を問わず、それぞれの”my図書館”像を思う存分語りたい。そうしたら、世界に誇れる”私たちの図書館”が当別で始められると思いますよ。
そう願いましょう、同志君!





日記 | 00:21:20 | Comments(0)
いのちの美しさ
P1010142.jpg

7月31日(火)、小寺卓矢氏による「夏休み!親子で楽しむ自然のおはなし」のスライド&トークがありました。
これは当別こども図書館と当別町教育委員会の主催により、小寺さんをお招きしたイベントになりました。

会場では、イスの上に小寺さんの作品をセットして観客席を囲むようにして「森の中」にいるような雰囲気にしました。

P1010145.jpg
P1010147.jpg

始めは小寺さんがいつも森に持って行くリュックの中のカメラを会場の皆さんに紹介しました。
見た目より重たくて、思わず持った手に力が入ります。傍で見ている大人はドキドキ…

P1010165.jpg


そんなカメラで撮られた写真のスライドを美しいBGMと共に見せてもらいます。

P1010174.jpg
P1010193.jpg
P1010203.jpg


さらにこれまで出版された3冊の写真絵本『森のいのち』『だって春だもん』『いっしょだよ』の読み聞かせを作者本人からしてもらい、会場はすっかり森の中にいるようでした。
4年前に当別こども図書館でおこなった「ワークショップ」参加の子どもたちもみんな大きくなってしまって、子どもの成長に驚かされました。
お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記 | 01:17:12 | Comments(0)
25さいのお祝い
今日は「こども図書館フェスティバルと25さいのお祝い」を催しました。

始めは今までにこども図書館に関わった子どもたち、大人たちのメッセージをお届けしました。

それから、子どもたちの「影絵芝居」が始まりました。
『スイミー』(レオ・レオニ作、谷川俊太郎訳)の画面を子どもたち自身で描いて、それを動かしました。
一人何役もこなしながら、2か月の準備。その中での実際の練習は3回だけ!
何とか皆様にお見せできるまでになりました。

P1010072.jpg

赤い小さな魚たちと真っ黒な魚スイミーの場面

P1010076.jpg

ブルドーザーみたいなイセエビとスイミー

P1010086.jpg

赤い小さな魚たちが集まって大きな魚になり、スイミーが目になった


この後は、平野さんの「語り」でした。クイズもあり、詩もあり、参加者が参加する語りもありました。

P1010110.jpg

最初は平野さんとの距離は広かったのに…

P1010125.jpg

最後はすっかり平野さんにすり寄っていきました。

また「お祝い」でお花をいただきました。素敵なお花でお祝いの会が華やぎました。

お祝いの豪華なお花たち
バラの香りのとってもキュートなブーケ

当別こども図書館は今日からお休みです。8月22日に会いましょうね。

日記 | 22:06:26 | Comments(0)
前のページ 次のページ